ヘッダー画像

【脳トレだけしたらどうなの!?①】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【脳トレだけしたらどうなの!?①】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

“脳トレ”

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

脳トレとは、言葉の通り、脳を鍛える訓練です。

脳に、適度に負荷をかけること(楽しさやおもしろさが大切です。)

で脳機能が向上し、子どもの能力向上、脳の老化予防、

認知症予防、認知症の方の能力維持に

つながっていくとされています。

 

ロンドン大学などの1万人以上を対象にした実験では、

「コンピューターを利用した脳トレは、健康な人の思考力は

記憶などの認知機能を高める効果は期待できない」というものです。

脳トレは日本のみならず、世界的にブームになっていますが、

今まで大規模な検証はほとんどありませんでした。

 

この実験では、18~60歳の健康な1万1430人を対象にして

英国で販売されているコンピューターゲームごとに

結果を調べました。

■1つ目のグループは積み木崩しなどを使った論理的思考力や

 問題解決能力を高めるゲーム、

■2つ目のグループはジグソーパズルなどを使った

 短期記憶や空間認識力を高めるゲーム。

■3つ目のグループは、脳トレとは無関係のゲームを行わせました。

 

その結果、脳トレを続けたグループでは、

ゲームの成績は向上したけれど、ヒトの倫理的思考や

短期記憶を調べた認知テストの成績は

ほとんど向上しなかったというのです。

ゲームでの点数が伸びてコツを覚えることができても、

簡単にヒトの能力はアップしないので、

日頃のコミュニケーションや親の声掛けが一番大事だ

ということを示しているのかもしれません。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経 #脳トレ #脳科学