ヘッダー画像

【筋肉ムキムキになれば、姿勢が変わるのか?!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【筋肉ムキムキになれば、姿勢が変わるのか?!】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】の比田井です。

 

普段私たちが保っている姿勢については、

姿勢矯正をすれば…

姿勢矯正には○○…!

といった記事や投稿を目にすることもあるかと思います。

姿勢の問題は大人でもお子さんでもあります。

保育園・幼稚園や小学校での指導を通し、

「姿勢が悪い子が多い…」

とのお話も多く聞かれるようになりました。

 

では、腕立てや腹筋、背筋などの筋トレメニューを

ひたすら行えば姿勢が改善するかというと、

そうでもありません。

一般的な筋トレのメニューはアウターマッスル(表層筋)

と言って、骨格を支えるための筋肉ではなく、

大きな力を出すときに使う筋肉として働いています。

 

勿論、運動不足からくる筋力自体の低下も考えられますが、

実はもう一つ理由が考えられます。

それは筋緊張の低さです。

筋力と筋緊張では何が違うのでしょうか?

●筋力・・・筋肉を縮める強さ

事例:力こぶを作る(上腕三頭筋)・お腹に力を入れる(腹直筋)

●筋緊張・・・筋肉に力を入れていないときの筋肉の張り具合い

事例:立つ・椅子に座る時

 

この筋緊張が低いと、地球の重力に負けずに身体を

真っ直ぐ保つことが難しく、姿勢保持のために努力が

必要になってきます。

姿勢保持に意識を集中させるため、

先生の話に意識を向けることが難しくなります。

反対に、先生の話に意識を向けようとすると姿勢が崩れ

「ちゃんと座りなさい!!」と注意を受けやすくなるのです。

 

また、筋緊張は覚醒レベル(脳が起きているか・寝ているか)

とも関係があり、覚醒レベルが下がると

筋緊張も低くなります。

例えば、電車の中で眠くてウトウトしてくると

(覚醒が下がると)頭を支える頸部の筋緊張が下がり、

頭部を維持できなくなり前後左右に揺れます。

また、持っているものを落とすなどです。

 

筋緊張を調整する遊びとしては、

ブランコやトランポリン・バランスボールに座ってみる、

滑り台を様々な姿勢で滑り降りるなどがあります。

 

上記にも書きましたが、筋緊張の低い子は姿勢保持に

努力を有するため、エネルギー消費も早く、

すぐ疲れてしまうことがあります。

周りからはダラダラしているように見えますが、

その子にとっては頑張って意識して

姿勢を保持しているかもしれません。

その頑張りを少しでも理解してあげることも、

我々大人に取っては必要なことだと思います!

 

また、インナーマッスル(体幹)が活性していないことも

考えられます。

ですので、体幹に刺激を入れる寝返り、ずり這い、高這いなどの

乳幼児期の動作をやり直させてあげることも重要になります。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【必見!!】

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#運動遊び #身体遊び #運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 #未満児 #未満児の運動 #姿勢 #筋緊張 #感覚統合