ヘッダー画像

【張り巡らそうクモの巣】脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【張り巡らそうクモの巣】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】の比田井です。

 

今回の遊びは、ビニールテープとビニール紐があれば

すぐ遊べるクモの巣遊びです!

遊び方は、ビニール紐をクモの糸に見立てて、

触れないように歩くだけの一見簡単な遊びです。

 

しかしこの遊びは、空間認知によって紐の位置を感知したり

足の配置場所をイメージして進まなければ

紐に触れてしまいます。

また、勢いでは進むことができません。

集中力と体の微細調節を必要とします。

場所によってはつま先になる場所もあります。

 

つま先動作が、現在減りつつある土踏まずの形成や

体の器用さに大きく影響します。

ペタペタした足では、足を持ち上げ保つ事や意図した場所に

置くことが困難になってしまいます。

 

こんな楽しい遊びから徐々に刺激していきましょう!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経