ヘッダー画像

【おせんべいおせんべい焼けたかな】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【おせんべいおせんべい焼けたかな】

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】の比田井です。

 

今回の遊びはお友達とのペア遊びです。

 

https://youtu.be/bB8Ien1qhEQ

 

 

1人の子はうつ伏せて寝てマットを掴みます。

もう1人は、寝ている子をひっくり返そうとします。

ひっくり返らないようにするためには、

体の胴体部分にグッと力を入れることが必要になります。

お腹周りを中心に力を入れて、ひっくり返らないように

することで左右均等に力を入れることを学び、

左右の真ん中、中心を意識できることにも繋がります。

中心を意識することで中心に対しての

右・左が意識できます。

 

中心に対しての右・左が意識できると

利き側が決まってきます。(利き手や利き足)

利き側が決まってくることは、言語野の発達にも繋がり

言語面へも影響します。

 

簡単な遊びですが実は奥が深い遊びでもあります!

ぜひ遊びに取り入れてみてくださいね^_^

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆