ヘッダー画像

【掛けるから吊るすへ】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【掛けるから吊るすへ】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】です。

 

最近は雨続きで気持ちも晴れませんが、

日々室内で遊んで発散している今日この頃です。

 

今日は長野県北信栄村にある保育園様での指導でした^ ^

毎日朝にサーキットを組んで運動遊びの時間を作っていて、

そこに取り入れられるような遊び方を実践させていただきました。

 

今、梯子を渡る遊びが子ども達が好きということで

普段なら巧技台に掛けて使う梯子を今回は吊るしました。

吊るすことで梯子の端が固定されず

渡っているとゆらゆらと揺れます^ ^

揺れることでより梯子上での姿勢取りが難しくなりますが、

不安定な状況で慎重に身体を動かすことや

バランスを取ろうとすることでバランス力の向上につながります。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経