ヘッダー画像

【走り幅移り】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【走り幅移り】

 

こんにちは。

『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』

【運動保育士会】の比田井です。

 

今回の遊びは走り幅跳びのアレンジ遊びです!

 

 

https://youtu.be/3-O2IGJE9HU

 

 

ロイター板から、跳び箱に立てかけたロイター板に

飛びつきます。

ロイター板の角でしっかり引っかかっているため

外れることはほとんど無いですが、

もし始めて遊ぶ場合は先生がついてあげてくださいね!

 

どの程度の力でどこに飛ぶかも重要ですが、

着地時の膝のクッションをしっかりと使い

衝撃を吸収することが求められます。

子ども達は、教えなくても動きの中で自然と身につけています。

また、視空間認知や調整力も入ってくる遊びです。

 

最終的には慣れてきて、子ども達から

「近い!遠くして」との要望があり

30㎝ほど後ろに下げて助走もとって遊びました^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちらhttps://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #保育 #未満児 #子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #運動神経