ヘッダー画像

【マット運動の基礎、でんぐり返しをお家で行ってみよう!!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【マット運動の基礎、でんぐり返しをお家で行ってみよう!!】

 

こんにちは。
『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』
【運動保育士会】の比田井です。

 

でんぐり返しの動きは、お布団の上などで

2歳過ぎのお子さんでもお家で行っていることは
ありますよね!

でんぐり返し(前転)はマット運動の基礎の動きでも

ありますので、この休校中におうちで遊んでみて

もらえればと思います。

 

身体を思った通りに操作するためには

ボディコントロールが大切になります。
ボディコントロールを構成する要素は

【パワー】【スピード】【バランス】【筋力】とされています。

でんぐり返しでは、バランスやパワー、スピードに加え

回転感覚の感覚刺激の入力も行えます。


はじめから真っすぐ回転できる必要はありませんが、

基準となるようにタオルなどで真っすぐの線を作って置き、

線の上を真っ直ぐ回転できることを目指して遊んでみてください!

※酔いやすい方がいきなり行うと気持ち悪くなってしまう

可能性がありますので注意してください!

 

参考文献:『競技力アップのボディコントロール』,小林敬和,株式会社ベースボール・マガジン社

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


#柳沢運動プログラム #幼児期 保育 未満児 子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ 運動神経

 

 

写真の説明はありません。

 

写真の説明はありません。