ヘッダー画像

【カニで遊びは面白くなる】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【カニで遊びは面白くなる】

 

こんにちは。
『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って楽しさを伝える』
【運動保育士会】です。

 

私たちが実践している柳沢運動プログラムでは、
跳び箱にカニの絵を描いて行うことがあります。

これは考案者の柳沢秋孝教授が実際に行っているやり方です。

なぜカニの絵なのかというと
跳び箱を行う際の着手位置がわかりやすくなるうえ、
カニのはさみに足を切られないようにする

ハラハラドキドキ感もあります。


「カニさんはみんなが上を飛んでいくのが見えると

怖いから、目を隠してあげよう!」といえば

子ども達はカニの目を隠すように手を跳び箱につきます。
そうすることで、自然と開脚跳び越しに必要な要素を学んでいけます。

 

カニの絵一つですが、跳び箱での開脚跳び越しを

段階的に行っていく上では「たのしさ」「親しみやすさ」が

プラスされることで子ども達も遊びに取り組みやすくなります♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


#柳沢運動プログラム #幼児期 保育 未満児 子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ 運動神経

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内
写真の説明はありません。