ヘッダー画像

【バランスボードで安定力】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【バランスボードで安定力】

 

こんにちは。
『身体・心・脳を育て、すべての子ども達に身体を使って遊ぶことの楽しさを伝える』
【運動保育士会】の比田井です。

 

今回の遊びはバランスボードです。

その名の通りバランスを取りながら乗るアイテムです。
バランス力は連結力、反応力とともに
コーディネーショントレーニングの中でも基礎部分に
あたる力とされています。

不安定な姿勢を制御しようとすることが
他の遊びや動きでの姿勢の安定性につながっていきます。

 

バランスボードは足裏のセンサーで、

重心や力の入り具合を察知し脳に情報を送ります。
脳は足裏から得た情報をもとに左右の足の力の入れ具合、

上半身の傾き具合、体幹の力の入れ具合を決めて

筋肉に電気信号を流して指令を出します。

 

上記のことを繰り返しながらバランスを保っています。

ただ最初からバランスが取れるわけではありません。

何度か繰り返すうちに、
この傾きならこれぐらいの力でよかったな!!
と脳が学習することでバランスを取り続けられるようになっていきます。

 

時には壁なども利用しながらバランスボードにチャレンジしてみましょう!

慣れてきたら片足立ち、物を持って乗る、

少しジャンプしてみることにもチャレンジしてみてください。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


#柳沢運動プログラム #幼児期 保育 未満児 子育て  #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ 運動神経