ヘッダー画像

【バランスストーンを渡って遊ぼう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【バランスストーンを渡って遊ぼう】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

みなさんは昔、石や木の根っこを飛んで渡っていった
遊びをしませんでしたか^ ^??

今では危険とされることも多く
なかなか経験できない遊びの一つかと思います。

 

フープなどでも代用できますが、
凹凸があることでよりバランス力の向上や
体を支える体幹筋の力につながっていきます。

走って渡ったり、ケンケンしたり
一個飛ばしや両足で飛ぶなど
遊び方は様々です。

室内用の遊具であれば
自然の中の飛び石のように落ちたら川の中に
落ちたり、トゲや石など大きな怪我につながる
可能性も減らすことができます。

 

安定は不安定から。
不安定な遊びを通じて安定した身のこなしにつながっていきます。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び #フィールドアスレチック #パルクール #ボディーイメージ #ボディーコントロール