ヘッダー画像

【この道通れる?ジグザグ道】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【この道通れる?ジグザグ道】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは狭いところを通る遊びです。

マットを2枚立ててジグザグになるように配置してあります。

マットとマットの幅は最初は広めに設定して、
正面を向いて肩がマットに当たらないぐらいの幅を
とっています。

 

その幅が通れたら、少しずつ幅を狭くしていき
体を横に向けてやっと通れるほどの幅にしていきます。

はじめは何とかして正面を向いて入ろうとしますが
肩が当たってしまい入ることができません。

そこで子ども達は体の向きを変えると
自分の体の幅が変わることを知っていきます。

※ここで大人が「横を向くんだよ!こうやってね」
と教える必要はありません。

 

この遊びでは空間認識力やボディコントロール
の力が身につく遊びとなっています。

マットが無くてもダンボールや
机などでも行えます。

ぜひ取り入れてみてくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び