ヘッダー画像

【さあ出発だ!手押し車】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【さあ出発だ!手押し車】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は手押し車の遊びです!

よく見かける遊びではありますが
遊び方には少し注意が必要でもあります。

腕をつくときに、過度に前に出したり横に出したり
してしまうと手首等を痛めてしまう可能性もあります。

 

手押し車を行う時のポイントは、
0ポジションとも呼ばれている肩甲骨と上腕骨が
一直線になった状態をキープすることです。
具体的には、
手押し車で進むときに腕が斜め前方45度くらいの
ポジションをキープ
することがポイントです!

このポジションを取れることで
手首の捻挫や腰の過剰な反り、
肩関節のインピンジメント症候群

(体に耐えきれない負荷が瞬間的に生じて、

筋肉や靭帯に損傷が起こり痛みとなる※その他の原因もあり)
などの心配をする必要がありません!

 

持ち手の子の役割も大きく影響してくるため、
手押し車を行う子どもに合わせて進んであげること
が大切になります!

クマ歩きや、片足クマなどの遊びの積み重ねも
必要となりますのでお子さんの様子で
取り入れてみてくださいね^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び #手押し車