ヘッダー画像

【グラグラ山現わる!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【グラグラ山現わる!?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

お子さんの体づくりにつながるオススメの遊びの
ポイントとして、くぐる・しがみつく・よじ登る
がありますが、今回の遊びはよじ登りです。

 

マットの下にバランスボールを入れて山に見立てています。

マットの耳の部分に紐を通して、

バランスボールが出ないようにしてあります。
マットの耳の部分が片側3箇所ずつあるマットで行なって

いただいた方がバランスボールが飛び出ないです。

 

跳び箱や台の上によじ登る時と違い、
バランスボールをマットの下に入れることで
不安定な山の完成です。

よじ登るとグラグラと揺れたり、弾みます!
よじ登ってきた時に山の上に座ってもらい、
弾ませてあげることで前庭感覚刺激を
たっぷり入れることもできます。

姿勢調整・体軸・体の基礎作りなどにつながる遊びです。

 

動画のお子さんは2歳クラスでの様子です^_^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び