ヘッダー画像

【幾つの遊びが思い浮かびますか?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【幾つの遊びが思い浮かびますか?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

遊びは子ども達が見つけ、自主的に広げていくことも
大切ですが、コレはこうも使えるという視点の入り口を

大人が教えてあげるとこも大切だと考えています。

 

以前行った研修では、始まりのワークとして
一本のスポンジ棒からどれだけの遊びができるかを
まずは個人で絞り出してもらいました。

個人では限界もあるため、次にグループで

絞り出してもらい他人の視点も入れていきます。

 

どうしても、コレはこうという固定概念が

先行してしまいがちですが、こういったワークの数を

こなして遊びを広げる視点のセンスを高めていくことは、
遊びだけではなく支援にもつながってくると思います。

 

皆さんはいくつスポンジ棒から遊びが思いつきますか??

例えば、棒を置いてその周りを走るのも一つ、
棒の両端に紐をつけて、その先にカップをつけて

ボールを乗せて、天秤棒のようにして担いで

平均台の上を歩いていくのも面白いです!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。