ヘッダー画像

【ブリッジができたら】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【ブリッジができたら】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は、ブリッジができたらぜひチャレンジして
欲しい遊びのご紹介です。

ブリッジは、背面側の筋力や筋持久力が

必要な動きでもありますが、
体の前側の柔軟性がとても重要な遊びです。

足首・股関節・首回りなどです。

ブリッジでなかなか体が反れないのは

筋力的な要因もありますが、
体の柔軟性面での要因もあります。

 

ブリッジで体を反らせることができたら
片手を上げて片手のみで体を支えるブリッジに
挑戦しています。

片手になることで重心の位置がずれます。
重心の位置はずれますが、体幹等を意識して使い
姿勢を保持していきます。

 

大人でも繰り返し行えばできるようになりますので
お子さんと一緒にエクササイズ感覚で行ってみては
いかがでしょうか^ ^?

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ブリッジ #片手 #柔軟性 #重心移動 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び