ヘッダー画像

【小回りを利かせて駆け抜けよう!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【小回りを利かせて駆け抜けよう!】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは、かけっこの特にコーナー部分や
スポーツ全般につながる遊びです。

用意するのは紐や棒など、1〜2mほどのものであれば
なんでも大丈夫です。
動画では工事現場などでよく見かける
黒と黄色のバーを置いています。

動画では、縦・横と置いてありますが
縦・縦でも横・横でも一本でも遊べます。

 

スポーツなどの身体を動かす時には
一方方向への動きだけではありません。
むしろ多方向への素早い重心移動を
行えることが必要となります。

踏み込んだ際の重心の位置や頭部の向きによって
回りやすさも変わってきます。

はじめから小回りや重心移動ができるわけでは
ありません。

繰り返し遊ぶことで少しずつ身につけていくことができます。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

SAQトレーニング #アジリティ #重心移動 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び