ヘッダー画像

【フィールドアスレチックを目指して】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【フィールドアスレチックを目指して】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回はマットと鉄棒を使っての遊びを行いました。
タイトル通り、フィールドアスレチックを室内で
子ども達に体験してもらいたいと思い
遊びを作ってみました。

 

マットの耳の部分に縄を通して鉄棒に吊します。
子どもはトンネルを通るように、

鉄棒とマットの間を進んでいきます。

マットが鉄棒から吊るされているため、
登っていくと左右前後に揺れます。

不安定の中で、自分が思う通りに動くためには、
揺れる中でも中心軸をできる限り

真ん中にとどめておく必要があります。

それは教えてできるものではなく、
遊びの経験の中で脳の機能として
姿勢を調整して、不安定の中でも
安定を作り出すことができていきます。

 

くぐる、マットから降りるときには
体のどの部位から進むかを決めなければいけません。

身体イメージや運動企画の力にもつながる遊びです。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#フィールドアスレチック 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)