ヘッダー画像

【トンネル岩跳びリレー】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【トンネル岩跳びリレー】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

先日の投稿で【岩跳びリレー】の遊びを
紹介させていただきました。
今回はその遊びの発展遊びをご紹介します。

その名も【トンネル岩跳びリレー】です。


チームの人数は、クラスの人数や実際に遊ぶ

お子さんに合わせて変えてください。
最小2人から遊ぶことができます。

遊び方は、
うつ伏せで床に寝る子・クマの姿勢になる子と

交互にスタンバイします。
その時に適度に間隔を空けておかないといけません。

 

うつ伏せで寝ているお友達の上を跳び、
クマの姿勢でトンネルを作っている子の下をくぐります。
今度は進んでいた子が隣の子を見て、
うつ伏せで寝るかクマの姿勢になるかを
見てスタンバイします。

そうしたら、スタート地点側の子が立ちあがり

進んで行きます。

 

障害物を置いて直線では進めないようにしたり、
少し環境を変化させてあげることで

子ども達もより楽しめますので、遊んで見てくださいね♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

社会性 #集団遊び #感覚統合 #視空間認知 運動保育士 #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動