ヘッダー画像

【パイプ椅子は座るだけにあらず】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【パイプ椅子は座るだけにあらず】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

昨日に引き続き、○○あらずシリーズです!?
勝手にシリーズ化してみました(^^)

 

今回はパイプ椅子を使って遊びを行いました。
パイプ椅子の下をくぐるのではなく、
背もたれと座面の隙間をくぐり抜けて進んでいきます。
パイプ椅子同士は紐で固定してあります。

くぐる遊びは首や体、手足を曲げてうまくくぐることが

できるように自分の体を動かしていくことが
必要になります。

自分の体の大きさや向きを意識して運動することで
自分自身の体に対する脳内での身体イメージや
視空間認知力に繋がっていきます。

 

通り抜ける時に座面が軽く傾くため

滑り台の様になり、少しですが体が滑り降ります。

パイプ椅子に登って、背もたれを持ち
足を背もたれと座面の隙間に入れる。
その間には不安定な椅子の上でバランスを取る

必要があります。

一連の運動の流れを構築するのを
運動企画といいますが。

まさにどのように体を動かしていけば良いかを
考える遊びとなっています。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

くぐる #運動企画 #視空間認知 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動