ヘッダー画像

【トランポリンは飛ぶだけにあらず】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【トランポリンは飛ぶだけにあらず】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

お盆も過ぎ、あっという間に夏も終わりに近づいて
いますね。
朝晩は肌寒くもあり、なんだか寂しいなと感じる今日この頃です^ ^

 

さて今回は、くぐるをテーマにした遊びです。

できればさまざまなサイズのモノをくぐる
体験ができるといいです。

くぐる遊びは首や体、手足を曲げてうまくくぐることが

できるように自分の体を動かしていくことが
必要になります。

自分の体の大きさや向きを意識して運動することで
自分自身の体に対する脳内での身体イメージや
視空間認知力に繋がっていきます。

 

動画ではトランポリンの下をくぐっていますが
この後、パイプ椅子、平均台、ピアノの椅子
とくぐるサーキットなっています。

もちろんモノがなければ、大人の足の下や、

大人が四つ這いになってお腹の下を通ることでもいいです!

たくさんくぐって体も脳も元気にしていきましょう!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

トランポリン #視空間認知 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動