ヘッダー画像

【予測不能!?転がしドッチボール】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【予測不能!?転がしドッチボール】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

今回は、あるボールを使った転がしドッチボールの紹介です。
転がしドッチボールは、ボールを上手で投げずに

転がして行うドッヂボールです!

 

転がしドッチボールは、
➀テープなどで大きな円を描く。
➁内野と外野を決め、内野は円の中に入る。
➂外野が内野を狙ってボールを転がし、

 ボールに触れてしまった内野は外野になる。
➃最後まで残っていた内野がチャンピオン!
といったルールです。

 

最近、ハマっているのがラグビーボール(楕円形の球)を

使用した転がしドッチです。
ラグビーボールの良い所は、下手投げで

軽くバウンドさせるとどの軌道で跳んで行くかが
予測が出来にくい所にあります。
真っ直ぐ跳ねると思いきや右に跳ねたり、左に跳ねたりします。

ボールの動きに素早く反応して回避しようとすることで、

俊敏性・反応速度の向上が見込めます。

 

遊んでいる様子も近々アップロードしますね♪

ぜひ、遊んで見てください^^

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

ドッチボール ラグビーボール ボール遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る