ヘッダー画像

【親指に本来のお仕事をさせよう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【親指に本来のお仕事をさせよう】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

“木に登って遊ぶ”
今では滅多に見ない遊びです。

木登りが全てとは言えませんが、
木登りの遊びには私たち人間特有の手の使い方を
学ぶための要素が多く含まれていました。

 

指先でモノをつまむことは手の機能の一つですが、
この機能を上手く使いこなせていない子が

増えてきているように感じます。

一般的には、
①肘から指先に掛けた前腕が内外側に回転させる運動ができる

②親指の付け根(拇指丘)が外へ開くようになる(人差し指から離すことができる)

③拇指丘が開くことで、他の4本の指と向かい合って使えるようになる(拇指対向)

④今まで、指の横や腹でモノをつまんでいたのが、指先でつまめるようになる。

⑤箸を持つ・モノを作りだす・鉛筆を持つなどの動作ができるようになる。

(⑥より手・指を使うことで、大脳の発達に繋がる)
と発達していきますが。

 

木登りには、手の機能を発達させる要素が多く含まれていますね。

まずはしっかり親指を他の指と対向させて握る。
握る時も全く同じ太さ・形の枝はありません。
その都度、握る角度や手の開き方、力の入れ方を

変えることが必要になります。


今では、危険ということで木に登る子を見ることが

ほとんどありませんが、やはり自然の中での遊びでこそ

私たち動物は自然と成長できるのかもしれませんね。

 

参考文献:『子どもが体験すべき50の危険なこと』,Gever Tulley,オライリージャパン

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

危険 木登り 手の発達 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る