ヘッダー画像

【押して!引いて!島運びリレー】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【押して!引いて!島運びリレー】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

今回の遊びは全身を使った遊びです!
特に支持力・懸垂力・手先の器用さにつながる

遊びとなっています。

 

準備として、マットの耳の部分にロープをつけておきます。

実際の遊び方は
①マットをコーンなどの目印があるところまで 

 雑巾がけの要領で押していく
②コーンに手でタッチする
③スタート地点にあるフープへと走って戻る
④フープの中でマットに付いているロープを持って

 マットを手繰り寄せる
⑤つぎのお友達と交代する

 

マットによっては滑り止め加工がされているマットも

ありますので、滑り止め加工がされている面は

上にして遊んでください。

 

1人で押すのが難しい場合には、2人組で行う

又はチーム内に「お助けマン」を決めておき、
困った場合は「お助けマン」を呼ぶなどして
進めていくこともできます。

 

押す動きは近年弱くなってきている力の1つです。
つま先から指先にかけて軸を作らないと

前方向にマットを進ませることが難しくなります。
また、どこをどう押せば良いかは教えるのは簡単ですが

遊んでいく中で子ども達自身に

発見させてあげたい点でもあります。

 

また、マットを手繰り寄せるためには

体の中心で手を交互に使う必要があります。
中心軸の確立と、手先への刺激となります。

ぜひ遊んでみてください!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

マット 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動