ヘッダー画像

【何を伝え、何を隠すか?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【何を伝え、何を隠すか?】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

お子さんに何かを教える立場にいる方々にとっては、
どのように子ども達を導き教えて伝えていくか…
ここには正解は無く、常に試行錯誤の連続だと思います。

これさえやれば全ての子どもにしっかり教えられる

内容の理論があればぜひ学びたいです。

 

子ども達にわかりやすく説明をする!
これはとても大切ですが、1から10まで全てを
手取り足取り教えるのはどうでしょうか?

子ども達にどの部分の情報やヒントを与えてあげるか。
与えすぎると子どもが達成したというよりは

大人の「教えたつもり」の自己満足に

なってしまうこともあると思います。

 

子ども達が、自分自身で考えて、試し、失敗し、

再度考えの姿勢を引き出せるように、

提示の方法も常に考え続けないといけないと思います。
私も、ついつい「教え過ぎた~…」と

反省することもよくあります^^;

 

いつも結局最後の最後には答えが出てくると

思われてしまうと自分自身で学んだり、

考えたりする姿勢が出にくくなってきてしまうのでは
ないでしょうか?

 

参考文献:『教えないで教える』,長谷川貴則,文芸社

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

コーチング 教えないで教える 子育て 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
写真の説明はありません。