ヘッダー画像

【子ども達に楽しく運動遊びを提供するためには!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【子ども達に楽しく運動遊びを提供するためには!?】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

先日指導の中で
「子ども達にどうしたら楽しく運動遊びを提供できるか

方法を教えて欲しい」
という内容のご質問をいただきました。

 

私個人の答えとしては
「わからない」です。

お子さんへ遊びを提供する方法は十人十色・千差万別ですし
その方のやり方が自分に当てはまるかもわかりません。

ただし、いくつかのポイントはあります。


①物語性をもたせてあげること
②好奇心をくすぐる努力をすること


好奇心とは、「人および動物の生存に直接関係する

動機づけと並んで、探索行動や認知行動をおこす

動機づけをさす。」とされていますが、
簡単に言い換えると
「珍しいことや知らないことに対して興味や関心をもつ心」
ではないでしょうか?


③子どもが自分のことを見てくれていると実感できること
④指導者自身が楽しんでいること(演じてでも)
⑤子どもの関心ごとに関心を向けること

 

楽しんでいないのは決して子ども達のせいではありません。
大人の努力次第です。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

好奇心 探究心 #好奇心 共感性 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。