ヘッダー画像

【安定した姿勢を育てるなら〇〇を経験しよう】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【安定した姿勢を育てるなら〇〇を経験しよう】

 

みなさん

こんにちは
運動保育士会です!

 

私たちが作業を行う上で、安定した姿勢を作りだすことは
とても重要です。
では安定した姿勢を作りだすためには何が必要なのでしょうか?

パッと思い浮かぶのが「筋力」だと思います。
筋力ももちろん必要です。

しかし、安定を作りだすためには他にも必要なことがあります。

安定しない、つまり姿勢が崩れやすいという
背景には前庭覚刺激のある遊びの不足や、

視機能(周辺視野と中心視野の切り替え)
平衡感覚(前庭覚とも関係している)遊びの不足が考えられます。

 

今回は、平衡感覚にスポットを当ててみます。
不意に姿勢が崩れた際、そのまま倒れていってしまう方は

いないと思います。
手を着いたり、身体をひねったりするはずです。
これは三半規管や筋肉の収縮具合から脳が傾きを計算し
身を守るために姿勢を元に戻そうとする反応です。

安定した姿勢を保つことは運動学習の一つです。
不安定な状態も経験してこそ、どの程度の傾きは危険なのか
どう体勢を変えればよいかを一つ一つ学び蓄えていきます。

 

安定には不安定の経験が必要不可欠
高い高い・飛行機・ブランコ・滑り台・ハイハイなどなど
不安定な経験がほとんどないお子さんも

増えてきているように感じます。


不安定を意図的に取り入れるかどうかは大人次第ですね。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

不安定 安定 小脳 運動学習 運動遊び 身体遊び 運動保育士  #柳沢運動プログラム #脳科学 #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。