ヘッダー画像

★こどもへの『なぜ?』がこどもを救う?★ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★こどもへの『なぜ?』がこどもを救う?★

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

大人であっても子どもであっても
少なからず得手不得手はありますし、
発達の個人差や、学びのスピードも違います。

 

様々な子ども達と接していると
その子自身が抱えている「発達のつまづき」
に出会うことがあります。

例えば、3歳でものを掴むときに
グー握り(手掌回外握り)
になってしまう子がいたとします。

握り方の発達としては、
手掌回外握り

手掌回内握り

手指回内握り

三指握り
と標準的には発達していくとされています。

 

3歳の月齢だと
手掌回内握りができてくる年齢であるので、
その子の次の課題の手掌回外握りを

次の目標にして練習させていこう!!
とすることが多いかと思います。
私自身もそのような実践を行ってきてしまいました。

 

しかし、大切なのは、
【なぜ、手掌回外握りになってしまっているのか】
その子の行動や、動作に疑問を持つこと
【なぜ?】の視点を常に持つことが重要だと学びました。

 

まず、手掌回内握り(手の甲が上になる)
ためには動きの中心として肘関節・前腕が必要となり
安定点として肩の安定が必要となります。

肩の安定がなされるには、体幹・首の安定が必要になります。

となるとなぜ、この子がこの握りなのかのヒントが
見えてきます。

 

------------------------------------------------------------
★‟なぜ、その子にとってその課題は必要なのか”
その根拠を明確に
★なぜできないのかを考える
------------------------------------------------------------

このことを考えながら子ども達と接していけると
いいですね!!

 

参考文献:『実践家(教師・保育者・支援者)へのメッセージ 発達支援実践講座 支援ハウツーの編み出し方』,木村順,学苑社

 

 

 

運動遊びの大切さ、必要性を広げていくため投稿への

『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします🥺
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります🎶

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

木村順 #作業療法士 # #脳科学 #柳沢運動プログラム #幼児期 発達

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る