ヘッダー画像

★跳び箱を飛ぶには跳び越しは不必要⁉️★ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

★跳び箱を飛ぶには跳び越しは不必要⁉️

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

跳び箱の練習といえば、
何度も何度も跳び箱に挑戦して
お尻をついてから前に降りることの
繰り返しということが多いですが、
その数だけ子どもは失敗を経験します。

 

柳沢運動プログラムでは
すぐに跳び箱を跳ぶことはしません。

跳び箱に必要な腕、肩でしっかり身体を支えること、
腕に体重が乗り前傾姿勢になることに恐怖心を
抱かないようにするために、
跳び箱でカエル🐸に変身して

その場でジャンプする遊びを行います。

こうすることで腰、下半身をしっかり上げられるようになり
いざ跳び箱を跳び越すということに挑戦した時に

簡単に跳び越すことができるようになります。

 

もし、跳び箱がなかなか跳べないお子さんがいたら
まずは今回の遊びを取り入れてあげてみてください!!

 

 

 

多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくため

投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします🥺
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります🎶

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

体幹 #体操 #中心軸 #跳び箱 #柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
写真の説明はありません。