ヘッダー画像

【中心線があること・・・】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【中心線があること・・・】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

公園などで、1~2歳くらいの子どもがお母さんと手をつなぎ
段差からジャンプしたり、お家の中でずり這いをする光景は

一度は目にされたことがあるかと思います。

 

その動きに秘められている発達的役割を知っていますか?

両足ジャンプやずり這いなどは
身体の中心に近い活動となります。
中心に近い箇所での活動を行うことで、

中心軸(身体の真ん中)を意識しやすくなり
☆左右がわかる(自分及び相手)
☆人やモノとの距離感や位置関係が把握できる
☆身体遊びが行いやすくなる(縄跳び等)
☆リトミックなどの身体表現活動で身体が使いやすくなる。
☆字の形をしっかりと書くことができる
などのことにつながっていきます。

 

段階的には
①両側とも同じ動きをする活動
②中心を越えた活動(ねじれが生じる活動)
③方向を意識した活動
としていただけると良いとされています。

 

もし身体の使い方に苦手さを感じているお子さんがいれば
中心を意識できる活動もぜひ取り入れてあげてくださいね♪

 

参考文献:『気になる子の体育つまずき解決BOOK: 授業で生かせる実例52』,阿部利彦,学研

 

 

多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくため

投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします🥺
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります🎶

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

#柳沢運動プログラム #幼児期 #幼児期の運動 未満児 #未満児の運動 #運動遊び ラテラリティ #中心軸
生きやすさ

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る