ヘッダー画像

【落ちないようにね!ソリ滑り!】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【落ちないようにね!ソリ滑り!】

 

みなさん
こんにちは!

運動保育士会です。

 

今回の遊びは、ローラーコースターを使った遊びです。

園にあったものを活用して斜面を作り、

ローラーコースターで滑り降りていきます。

遊び始めは、ローラーコースターに乗るだけで

精一杯だった子ども達も数回繰り返すうちに

乗り方や姿勢の取り方を学んでいました。

 

ローラーコースターを使った遊びは、

療育の現場でもよく見かけます。
これは前庭覚刺激の入力を促すねらいがあります。

前庭覚は重力や回転、加速、傾き、揺れを感じ取る感覚です。
感覚受容器は内耳にある三半規管(3つの半規管)と

前庭(耳石器)という器官で感じ取ります。

 

「ゆれたり、まわったりする感覚をいれてどうするの?」
と思われると思います。
前庭覚には、覚醒状態を興奮したり、落ち着いた状態に

させたり、筋肉の張り具合を高められたり

制御することにもつながるため、姿勢保持にもつながります。
また、視機能の発達にも影響があるため、

見る・見分けるそして認知することにもつながっていきます。

 

一昔前までは、段ボール片手に斜度のある原っぱや

土手に行って滑り降りて遊んでいる中で

自然に感覚が入力されていましたが、
今では意図的に設定をしてあげなければ

できない状況になってきていると思います。

 

「平成」から新年号の「令和」となりました。
子ども達の遊びや周囲の環境が「令和」で

どう変わるのか楽しみですね^^

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を

広げていくために投稿への『いいね!&シェア!』を

よろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪