ヘッダー画像

【これは誰の手??】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【これは誰の手??】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です!

 

私たちはどうやって、自分の手足が自分の物で
動かすことができるのだと気付いたのでしょうか?

赤ちゃんはまだ、自分の手足が自分の物だとは
あまりよく気付いていません。

なので、とても繊細に感じることができる口唇に
手足をもってきて手足を認識していきます。

 

他にも周囲の物を手にとっては口に運び
口唇や手からの触覚をフル活用して
硬さや形を確認していきますね。

実際に触れるからこそ分かることがあります。

触れることで、自分の体と外の世界との境界線を
認識することができていきます。

全身の外との境界線が認識できると
自分の体を思い通りに操作するための第一歩を
踏み出せたのだと思っています。

 

ここで大切なのは、周囲が触れてあげることです。
様々な場所(背中や脇、足、お尻、指の間)などを
抱っこや、ふれ合い遊びなどで触れてもらうことで

触覚を使い赤ちゃんは自分の体のことをより知っていけます。

触れ合うことは様々な面で大切なことです。
たーくさん触れ合ってあげてくださいね。

 

 

運動遊び 身体遊び 運動保育士  #感覚統合
触覚 好奇心

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げて

いくために投稿への『いいね!&シェア!』を

よろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。