ヘッダー画像

【教えないことを教える】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【教えないことを教える】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

「教えないことを教える」
これは講演家の鴨頭嘉人さんが子育てについて

話されていたときに仰っていた内容です。

私も子ども達と接する中で、
「ここどうすればいい?」
「これ何?」
とよく聞かれます。

もちろん、「ここはこうするんだよ!」
と教えてあげることが必要な場面もあると思います。

ただ、自由制作やお絵描き、自由遊びの時のことまで

全てを教えて指示してあげる必要は
あるのでしょうか??

「ここどうすればいい?」
と聞かれたら
「どうしたいの?」
と聞き返してあげることで、子ども達は自分の脳で

考え新しい気づきを得ていくのだと信じています。

見放すという意味ではありません。
見守るに近い意味だと私は思っております。

 

「教えないことを教える」

とても素晴らしい言葉を得ることが出来ました^^

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げて

いくために投稿への『いいね!&シェア!』を

よろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る