ヘッダー画像

子どもが社会の中で生きていく力を身につけられる働きかけが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が思いっきり外遊びができる環境と

豊かな遊びが保証されていた時代には、

子ども達の発達の機能は放っておいても

めいいっぱいに促進されてきました。

 

しかし今はそうではありません。

そんな今の環境の中では、子ども達の発達を促進させ、

社会の中で生きる力をしっかりと身に付けられるように

幼少期からの働きかけや教育的な配慮が必要になっています。

 

例えば、少子化や核家族化などの影響で

子ども達が人との関わり方を身に付けていく機会が

減ってしまっています。

そこで保育園や幼稚園でも縦割り保育を実施している

ところが多くあります。

異年齢の子どもとの遊び、関わりの中で

人間関係の築き方や集団生活でのルール、役割分担などを

身に付けていくことができます。

 

私たちが行う運動指導でも、活動によって縦割りの活動を

効果的に取り入れるようにしています。

子ども達がたくさんの経験を積んでいくことが

できるように工夫していきたいと思います。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

「〇×グーパー」をご紹介します。

 

〇×ゲームを全身を使って行います。
クイズの答えが〇だと思ったら、

両手両足を大きく広げたパーの姿勢、

×だと思ったら、両手を曲げて胸の前に付けて

両足を閉じたグーの姿勢になります。

答えがわかっても勝手にポーズをとらず、

「せーの」などの合図で全員一緒に動くようにしましょう。

抑制力を身に付けることにもつながります。

 

クイズは簡単なものから始め、少しずつ難易度を

上げていきます。

動物や果物などの絵カードや写真を少しずつ見せながら

問題を出したり、シルエットだけの絵カードを使ったり、

動物の鳴きまねを当てるなど、いろいろな問題を

用意して遊んでみてください。

 

聞く力と、判断して動く力が養われる遊びなので、

小さい声で問題を言ってみたりスピードを上げて

遊んでみるのもおすすめです。

子ども達に身に付けてほしい要素をうまく遊びの中に

 

組み込みながら、楽しい効果的な活動にしていきましょう。