ヘッダー画像

生活リズムは子どもの成長や健康に大きく影響するので小さいうちに整えることが重要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

お子さんの入園や入学に備えて、生活リズムを整えておきたいと

日頃から早寝早起きを心がけているご家庭も多いと思いますが、

 

わかっていても毎日そうもいかないのが

 

子どもとの生活です。

朝早く起こして午前中にたくさん遊ばせたのに

お昼寝をしてくれず、夕方になって行き倒れたように

寝てしまい、夜なかなか寝てくれない。

なんてことはしょっちゅう起こることです。

 

理想的な生活リズムを意識して生活をするのは大切ですが、

あまりがんじがらめになってしまうと

大人も子どもも息がつまってしまいます。

理想はいつも頭の中に置きながら、

時には崩れても仕方ないという気持ちも持って

日々の子育てを楽しむことが大切です。

 

生活リズムを整えるには、食事、睡眠、運動などが

重要で、運動によって質の良い睡眠や食事ができるという

ところにもつながってくるので、

年齢に関わらずたくさん体を動かして遊ぶことが

子ども達の成長発達においてとても大事になります。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

「フープジャンプ」をご紹介します。

 

床に直径が30cm程の小さめのフープを

複数並べてコースを作ります。

このフープの中だけを両足ジャンプで渡っていきます。

1歳や2歳だとまだ言葉で説明しても伝わらないことも

多いので、大人が1つ先のフープに入って

子どもと向かい合って両手を持った状態で

一緒にジャンプしてあげると、やりやすくなります。

両足を揃えて膝を一度曲げてからジャンプできるように

「1,2の3」と声掛けをしながら行ってみてください。

 

これができるようになったら、フープをジグザグにした

ジグザグコースにも挑戦してみましょう。