ヘッダー画像

子どもの脳の発達は育つ環境によって大きく変わります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の体の変化については、かなり前からよく問題視されています。

姿勢が悪く体力や運動能力が低下している、手先が不器用、

落ち着きがない、ぼーっとしている、話がきけない、

友達と一緒に遊ぶのが苦手、キレやすいなど

様々なことが挙げられています。

 

子ども達は、育っていく環境によって脳の発達・働きが

活性化したり、反対に停滞したりします。

昔の環境が良かったといっても昔に戻すのは無理な話なので、

これからの保育や教育の中で、大人が意識的に

子ども達の発達を促す働きかけをしていくことが必要です。

私たちも日々の運動指導の中で、子ども達の体、心、脳を

育てることに力を入れています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

「スタート&ストップ」をご紹介します。

 

子ども達はスタートラインに並び、指導者の出す

「スタート」と「ストップ」の合図に合わせて

動く→止まるを繰り返して遊びます。

この、合図に合わせて動いたり止まったりすることが

脳の前頭前野の活動を育てます。

 

合図は「スタート!」などの言葉でも、

笛やタンバリンなどを鳴らしても良いです。
子ども達がわかりやすいようにし、
「動く」と「止まる」のメリハリを大事にしてください。
特に止まる時にピタッと止まることがポイントです。
ピタッと止まれると、腹筋や足の指先の力も養われるので

バランス力が向上したり、転びにくくなったりします。

 

慣れてきたらクマ歩きや後ろ歩き、スキップなど
いろいろな動きで、楽しく遊んでみてください。