ヘッダー画像

【山から山へジャンプ♪】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です!

 

今回は、以前写真で紹介した跳び箱とロイター版を

活用した運動遊びの、3歳以上児さんが遊んでいる様子を

ご紹介します。

遊びは、跳び箱にロイター版を立てかけたものを

2台用意して、向かい合わせるようにして遊んでいます。

下には、真っ赤な腹ペコ蛇が潜んでいます!

 

ロイター版を下るときには、勢いよく降りてしまうと

下にぶつかってしまう可能性があります。

なので、ゆっくり慎重に降りる子が多いです。

つまり腕や足をゆっくり伸ばしたり曲げたり

していることになります。
このことは自分自身の筋肉の調整力につながっていきます。

 

そして、飛び出すときには、平面とは踏み切る角度も

タイミングも変わってきます。
着地の際には、素早くロイター版の端を

掴まなければなりません。

ロイター板を登る時には、手足の協調性や

つま先の踏ん張り、懸垂力が必要となります。

 

1台ずつロイター版の傾斜を変えたり、

進み方を決めてみたりしても遊びの幅が広がります♪

 

 

 

・運動保育士会のメルマガがあります♪
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

 


※【お願い】
より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
Facebook投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、
より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪