ヘッダー画像

遊びを通して多くの力を育てられるような導きが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

これからの時代を生きていく子ども達は、

いろいろなツールを使って見えない人と連携しながら

新しいものを創り出していくという社会を生きていきます。

そこで、「連携する」という力が必要不可欠なものに

なりますが、この力を育てる要素は実は遊びの中にあります。

それは、「作戦会議」です。

 

遊びの中では、勝ったり負けたり、うまくいったり

いかなかったり、いろいろなことが起こります。

そこで、負けたりできなかった時に次どうするかを

子ども達同士が話し合うことがとても大事なんです。

うまくいかなかった時、次はどうするか試行錯誤して考え、

失敗しながら工夫しながら遊ぶことがとても大切です。

 

その中で子ども達の思考力や想像力、コミュニケーション能力、

判断力、問題解決力などとてもたくさんの力が

育っていくので、大人はそうした機会を多く提供して

子ども達の育ちをサポートしていくことが大切です。

 

まずは子ども達が「動ける体」であることが必要なので、

日々楽しく体を動かせる運動あそびを提供してみてください。

 

今日は、私たちが提供している柳澤運動プログラムの

「宝取りゲーム」をご紹介します。

 

子ども達を2つのチームに分け、

真ん中に線を引いて陣地を分けます。

それぞれの陣地の中には「宝」(カップや

ぬいぐるみなど)を置きます。

相手チームの宝を取って自分のチームに戻れたら勝ち

というゲームです。

 

敵が自分達の陣地に入ってきた時は

タッチして捕まえることができますが、

敵をつかまえて良いのは自分の陣地の中だけです。

つかまった子は、敵陣地の中の牢屋(マットなど)に

入り、味方がタッチしてくれれば戻ることができます。

 

相手陣地の宝を取るためには、

相手がどこにいて、どこに注意を向けているか、

どのコースを進めば捕まらずに宝を取ることが

できるかなどを瞬時に判断しながら動くことが必要で、

瞬発力や社会性、判断力などが強く育ちます。

また、宝を取るだけでなく捕まった味方も

助けるためには、1人では難しい場合が多いので

味方同士で協力して役割分担をしながらできると

良いですね。

 

そのためにも作戦会議の時間が大事になります。

1回目が終わったらチームごとに

今のやり方がどうだったか、次はどうすればうまくいくか

などを、まずは子ども達だけで話し合うようにします。

なかなか答えが出ない時もありますが、

指導者は簡単に答えを言ってしまわないようにし、

まずはヒントだけを与えてみてください。

ヒントも2割程度にし、できるだけ子ども達だけで

答えを導きだせるようにするのが力を育てるポイントです。

 

また、いつも同じ子が主導権を握って進めていく

パターンが多いですが、他の子ども達もしっかり参加して

できるように促してみましょう。

そして遊びの中で多くの体験をしながら、

将来につながるスキルをしっかりと身に付けていけるように、

意識して働きかけていくことがとても大切なことです。