ヘッダー画像

発達段階に合わせたスモールステップの運動あそびが子どもを総合的に伸ばします。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園や幼稚園、小学校の子ども達のほとんどが

行なう「跳び箱」ですが、苦手な子も多い遊びです。

跳び箱を跳び越す時には、一度に複数の動作を

行なうこと、上半身と下半身の協応も必要になるので、

実は結構難しい動きなんです。

 

例えば跳び箱に手をついて足で踏み切った時、

体は上に上がりますが、手はまだ跳び箱について

おかなければいけないので、

手への力は下に向けておくことになります。

この、体は上で手は下ということが難しく、

手も踏み切りと同時に跳び箱から離れて

手足一緒に跳んでしまう子が多いです。

 

そこでおすすめなのが運動あそびの「ウシガエル」です。

ウシガエルの動きは、足を横に開いてしゃがみ

両手を真ん中について、手→足→手→足の順番に前に

出して進んでいく動きです。

先に手をついてから足でジャンプをするのがポイントです。

最初は「手、足、手、足」と掛け声をしてあげると

やりやすいと思います。

それがスムーズになったら、次のステップでは

足ジャンプの時に足を手よりも前に着地できるようにします。

そうすると、さらに跳び箱の開脚跳びの習得に近づきます。

 

このように、最初から跳び箱を跳び越す練習を

ひたすら行うよりも、まずは平地でのこうした遊びを

通して必要な力をつけ、自信をつけながら挑戦する方が

失敗経験が少なく成功体験を多くしてスムーズに

習得することにつながります。

また、怪我のリスクも減らすことにつながります。

 

運動あそびを保育園や幼稚園の頃からしっかりやっていると、

ほとんどの子ども達が小学校入学前に跳び箱の

跳び越しができるようになります。

小学校入学前では3~5段が跳び越せれば十分です。

 

子ども達の自信や自己肯定感を高めるためにも

日頃から楽しい運動あそびを提供し、

子ども達の力を引き出し伸ばしていきましょう。