ヘッダー画像

【相手の関心ごとに関心をもつ】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【相手の関心ごとに関心をもつ】

 

みなさん
こんにちは!
運動保育士会です。

 

先日は2月の運動遊び研修を開催いたしました。

その中で、ペアで簡単なプレ指導を行ってもらいました。

そして今回は〇〇な時間を設けました。

「〇〇な時間」とは相手の子どもが好きなこと・もの
を調べる時間です。

 

こども役の先生には、

「何かひとつ好きなこと・もののキーワード」を

先生役の方に伝えてください!としました。

・某キャラクター
・車
・新幹線
・アニメのタイトル
・人気YouTuberの名前
などなど様々なキーワードが出てきました。

 

現代であれば、携帯電話を活用して検索エンジンで
調べればとてつもない量の情報を知ることができます。

全てを知る必要はないと思います。

あくまでもそのお子さんとの心理的な距離を近づける

方法として、「なにそれ?先生知らないからごめんね」
ではなく【相手の関心ごとに関心をもつ】ことをして、
子どもの好きなことの情報を一つでも知る手間を

かけられることで、運動の指導だけではなく、

普段からのコミュニケーションも
より良いものにつながりやすくなっていきます!!

 

ぜひ、【相手の関心ごとに関心をもつ】ところから

始めていきませんか?

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
写真の説明はありません。