ヘッダー画像

【広げよう運動保育の輪】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【広げよう運動保育の輪】

2月2日・3日に東京都内で運動保育士資格認定講座

【中級】を開催いたしました!

 

講座の中では遊びの実体験のコマが設定されております。

今回はその中から
《ダブルトリプル》
をご紹介いたします!

ところてん鬼とも呼ばれる遊びです!

 

ルールは

・鬼 1人 逃げる子1人
・他の子は2人組みになり、並んで座る
・逃げる人は鬼にタッチされる前に、
 どこかの列にくっつく
・逃げる人がくっついた列の反対側の端にいた人が、

 次に逃げる人になる
・逃げる人がどこかの列にくっつく前に、
 鬼にタッチされたら、その場で鬼に替わります

 

どこに座るか、誰がどこに座ったかを意識して

みている必要があります。

鬼の子は逃げている子の動きを
先読みしてタッチができると、
逃げる子が座った瞬間に反対側の端の子を

タッチすることができます!

 

このほかにも現場ですぐ活かせる、

子ども達が楽しく効果を出せる体系化された
柳沢運動遊びプログラムを実践してもらいました。
ぜひ、現場でご活用ください!

ご受講いただきましたみなさま、2日間お疲れ様でした!

 

次回の運動保育士資格認定講座に
興味をお持ちの方は下記から詳細をご確認ください。

 

◆運動保育士資格認定講座についてはこちら
https://goo.gl/kp6B8T
 ※全国で運動保育士の資格検定が開催されています。

 


認定試験についてのご質問、ご不明な点や
現場でのお悩みなどがございましたら
運動保育士会事務局までご連絡ください。


お問合せ先はこちら>>>
info@undouhoiku.jp