ヘッダー画像

【支援者・指導者としてのマインドとは】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【支援者・指導者としてのマインドとは】

 

先日、東京足立区にて

東京都立特別支援学校 主幹教諭
臨床発達心理士
特別支援療育士
綿引先生から学ばせていただく機会がありました!

 

当日のテーマは

「運動が好きな子どもを育てるには」
~気になる行動の理解と支援より~

 

http://usagawaken.com/運動が好きな子どもを育てるには%ef%bd%9e気になる行動/

 

特に私は綿引先生のお話の中で

お子さんが課題を行っているときに対して
『頑張ったね』
ではなく
「○○さんの頑張りに私もすごく励まされたよ」
の意味も込めて
『ありがとう』等の感謝を伝える。

という部分がとても胸に刺さりました。

子どもも大人も力関係に上下はないですが、
時として、お子さんの興味関心のない少し難易度の高い

課題をやってもらうケースもあります。

そんな時に、『ありがとう』
という一言に変えるだけでこちらの気持ちも
お子さんの気持ちもより良いものになるのだと
学ぶことが出来ました。

全てのケースで使うというわけではないですが
『ありがとう』を伝えることの大切さを学びました!!

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

  • イラスト指導案の請求フォーム
  • イラスト指導案の請求フォーム
  • 88AUTO.BIZでもっと見る