ヘッダー画像

【大切なのは数を数えられることではない!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【大切なのは数を数えられることではない!?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

私たちは、ついつい数を数えられるようにしたい、
数の概念を覚えてもらいたいと、
一生懸命に早期教育をしがちです。

私自身も、数を計算出来たり、書けるようにさせたいと
意識する時期も正直ありました…

 

しかし、幼児期に必要なのはあくまでも
遊びの中での“感覚”ということを知りました。

数や質量などの感覚です。

感覚というと少しぼやーッとしたイメージに
感じられやすいですが、
感覚ですね♪

例えば、お家でイチゴの乗っているショートケーキを
お母さんと分けるにはどうすればいいのか?
お父さんも来て3人で分けるにはどうすれば?
おばあちゃんとおじいちゃんも来た!
5人でわけるにはどうすれば!!!?
などのケースに「2つになったね」
「切ると小さくなるけど形は同じだね」
「1つのケーキが5つにもなるんだね」
とすると数や量の感覚につながりますね。

 

大切なのは感覚!!

やはり 5感+2覚 は大切ですね♪

 

 

参照文献:「イラストたっぷり やさしく読み解く 保育所保育指針ハンドブック」,汐見稔幸,Gakken

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。