ヘッダー画像

子どもの「体軸」の発達に必要な要素は? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの「体軸」の発達に必要な要素は?

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です!

 

生まれて間もない赤ちゃんは、

「体軸」を真っすぐ保つことができず、
姿勢そのものが不安定です。

「体軸」は頭蓋骨・脊柱・肋骨などで構成される部分

のことをいいます。

生後数か月かけて、少しずつ頭部・体幹・骨盤までの

体の軸を真っすぐに保てるようになっていきます。

 

体軸が真っすぐ安定することで、「ハイハイ」「歩行」

などの移動運動につながったり、移動運動ができることで、
基礎体力の獲得や大脳の発達(認知発達)にもつながります。

赤ちゃんのうちに大切な要素は、

「ほしい」
「手に取りたい」
「口に運んでみたい」

という“意欲(モチベーション)”です。

私たち大人も寝不足な日が続けば、仕事や趣味などへの

モチベーションも低くなるのではないでしょうか?

基本的な生活リズムの確立が子どものモチベーションを

向上させ、身体機能の発達にもつながります!

寝るときは部屋を暗くする!
など簡単にできるところから実践したいですね(^^♪

 

 

参照文献「やさしく学ぶからだの発達part2」,林万リ,全障研出版

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。