ヘッダー画像

鬼ごっこ(障害物多め)♪ 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回の遊びは「鬼ごっこ」です!

今まで、鬼ごっこを継続的に取り入れて来たので、

今回は障害物(コーン&バー)を多め配置して遊んでいます。

「鬼ごっこ」は“遊びの王様”と言われるほどの遊びでもあり、
知的遊びでもあります。

 

鬼ごっこの中には、
・ルールの理解・判断
「鬼は逃げる子を捕まえる・掴まったら鬼になる」
・動きの予測と視線の先取り
「誰を捕まえやすいか・どこに逃げれば捕まらないか」
「逃げる場所・ルートに視線を送る」
・空間把握
「鬼の位置・友達の位置・障害物の位置)
・切り替え力
「逃げる→鬼に捕まる→鬼へ→他の子を追う」
・コミュニケーション力
「鬼決め・捕まえて鬼が変わる時など」
・走行中の急な方向転換(合理的な体の使い方)
「鬼が来た!→体にブレーキをかけ違う方向へ逃げる」
・デュアルタスク能力(複数のことを同時に行う能力)
「走りながら鬼の位置を把握したり、

 他の子とぶつからないようにする」
・踏ん張り力
「つま先でしっかり地面をつかみ止まる・向きを変える」

 

このような筋活動・脳活動を一瞬のうちに脳が判断し、

行い続けるのが鬼遊びです。

どの種類の鬼ごっこでも、身体と共に脳機能や社会性などを

向上させるとてもよい運動遊びだと言えます^^

様々な鬼遊びで子ども達の身体も脳も元気にしていきましょう!!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪