ヘッダー画像

『障害物風船リレー』 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

みなさん
こんにちは

運動保育士会です。

 

今回は、風船を使った遊びです。

風船を落とさないように決められたコースを進んでいきます。
コースの途中には、
■ゴム紐をまたぐ
■バーの下をくぐる(風船を高く打ち上げておいて

 バーをくぐって素早く風船を打つ)
などを設定しました。

 

風船遊びは、追従性の眼球運動遊びでもあり、
目で情報を見て、その情報に合わせて手を動かす
「目と手の協応」にもつながります。

また、障害物を設置することで、周辺視と中心視の

切り替え力を促し、跳躍性の眼球運動にもつながります。

 

※お子さんの中には風船と肌がすれる音、

大きな破裂音をとても苦痛に感じてしまう子もいます。

その場合は、無理に行う必要はありません。
紙風船や、新聞紙風船などで代用もできます。

 

遊ぶ時は、周辺に机などぶつかってけががないように

ハザードを取り除くことをお忘れなく(^^♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために

投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内