ヘッダー画像

【忍者のたまご続々誕生!?】 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

【忍者のたまご続々誕生!?】

 

みなさん
こんにちは。

運動保育士会です。

 

今回は、俊敏性やボディーイメージ、空間認知につながる遊びです。

その名も
『忍者ゲーム』

そのまんまですね^ ^

 

今回行なったコースは、
①床に置いてあるフープの中を走る
②ゴム紐を下→上or上→下でまたいだりくぐる
③フープをの中を走って帰る
となっています。

まずフープに合わせて足を出す振り幅を決めなければなりません。

ここで、走っているスピードに対してどのタイミングで

どの程度足を前に出すかをプログラミングする必要があります。

視覚でフープを距離を測ることも必要です!

 

また、ゴム紐の箇所では身体の大きさのイメージをもとに

どの程度身体を屈めればいいのかを予測します。

当たってしまったり、くぐれない場合もありますが、
その場合は、平衡感覚刺激(ブランコやタイヤのついた

コースター、回転遊具)遊びを行うことで平衡反応や

視機能の働きが活性し、身体をスムーズに動かせるように

なることにもつながりやすいです。

コース設定を変えながら遊んでみてください♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪