ヘッダー画像

“サンマ”は取り戻せるか? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

“サンマ”は取り戻せるか?

 

みなさん
こんにちは

運動保育士会です!

 

現在の日本は大変豊かになりました。
A.I.やIOTなどをはじめとする技術革新もさらに加速しています。

ただ、その反面で車社会や電子機器の発達によって、
子ども達から3つの「間」が奪われてしまいつつあります。

3つの間とは、「時間・空間・群れて遊べる仲間」です。

それぞれの間は
★「空間」遊び場・家・園など
★「時間」睡眠時間・食事時間・就寝時間など
★「群れて遊べる仲間」社会性・協調性・

  コミュニケーション能力など

 

これらは、子ども達の「生きる力」を育むことにつながります。

「生きる力」(非認知能力)が高い子は将来、

肥満になりにくい・収入が多い・自己肯定感が高いなども

科学的に分かっています。

 

三間をたくさん経験することで、いくつかのことを

同時に遂行する能力(デュアルタスク能力)が高まります。

現代のお子さんで多いのが、走ることはできるが、

まわりを見ながら走れずノーブレーキで壁などに

衝突することが多い傾向にあります。

 

まずは、ちょこっとでいいかと思います!
3間を取り戻していきましょう!

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げていくために
投稿への『いいね!&シェア!』をよろしくお願いします!
皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。