ヘッダー画像

「レア遊具発見!?」Part2 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「レア遊具発見!?」Part2

 

みなさんこんにちは
運動保育士会です。

今回は、「リスク」と「ハザード」についてお伝えいたします。

 

ブランコやジャングルジムなどの固定遊具で遊び込むことは
子ども達に大きな影響を与えます。

しかし、遊具での遊びは、常に「危険」が付きまといます。

全ての「危険(リスク)」を排除すれば良いと

思われがちですが、「リスク」には、子どもの成長に必要な

経験値を上げてくれるものもあります。

 

例えば、ジャングルジム

どこに手足を置けば身体が安定するのか、
一番上まで登るにはどこを通るのが最短ルートなのか
枠の中を通るにはどの程度頭を下げれば通れるか
など子どもが自分で判断・予測できるようになるためには
「リスク」があったとしても、ひとつずつ「リスク」を
クリアをしていくことで、
■自分の身を守る術
■危険予測
ができるようになっていきます。

これは、まさに「子どもに必要な危険(リスク)」となります。 
リスクは2つの種類が存在します。
■人的要素→子どもがジャングルジムから飛び降りようとするなど
■物的要素→ジャングルジムの高さや幅など

 

そして、怪我や事故につながる可能性のある「危険」は

「ハザード」と呼ばれています。

ハザードは子どもが予測することが不可能なものであり
大人が注意してコントロールしなければいけないものです。

ハザードにも2つの種類が存在します。
■物的ハザード→ジャングルジムが雨で濡れて

滑りやすくなっていて、落下の危険性がある、

結合部の老朽化でパイプが切れたり外れたりする危険性がある
■人的ハザード→フードが付いているなど

ひっかかりやすい服装で遊んでいる、

カバンを背負ったまま遊んでいる

 

大切なのは、子どもに合ったリスクを残しつつ
ハザードのみを避けられるように考えることだと思います。

 

「リスクなくして成長なし・ハザード無くして事故防止」

子ども達が笑顔で元気に遊べるようにサポートしていきましょう♪

 

 

“道具の管理リスクとハザードについて”,はらっぱギャング,https://www.harappa-gang.jp/user_data/risk,(参照2019-01-08)

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

より多くの皆さまへ運動遊びの大切さ、必要性を広げて

いくために投稿への『いいね!&シェア!』を

よろしくお願いします!

皆さまが『いいね!&シェア!』をしてくださることで、

より多くの皆さまへ運動遊びの内容が広がります♪

 

 

 

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。