ヘッダー画像

『Let's 吊り輪』 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

『Let's 吊り輪』

 

みなさんこんにちは。
運動保育士の比田井です。

今年も残すところあとわずかとなりましたね♪
今年もいろいろな遊びを行なってきましたが、
年の最後にあるものを遊びに取り入れてみました。

 

固定遊具を作るのは難しい…
でも取り入れてあげたい!
ということで、身近にあるもので作成してみました^^

今回は「吊り輪」を再現してみました。

 

遊んでいると、逆さまの状態で静止する子がいたり、
ぶら下がる子がいたり、グルンと一回転する子がいたりと

思い思いの遊び方をして楽しんでいました♪

鉄棒とは違い、常に不安定な状態でぶら下がることが

求められるため、ぶら下がりながらも姿勢調整や

普段使わない部位も使うことができます。
主に腕や背中、胸、腹部周辺の筋力を使います。

 

次回は、動きを決めて子ども達にチャレンジしてもらおうと思います☆

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)
写真の説明はありません。