ヘッダー画像

『思い込みを壊す大切さ』 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

『思い込みを壊す大切さ』

 

先日、長野県中野市にあるとある幼稚園の

園長先生とのお話の中での一コマ ^^)

 

この幼稚園さんでは年明けから1ヵ月ほど

製作期間が始まります。
学年ごとのテーマで一つの製作物を作り上げる

という話の中から、絵の話になりました。

 

中尾茂樹先生の研究から、グットイナフ人物画知能検査

なども身体つくりを行うことで、

人物画に変化があることも分かっています。

ここで「思い込みが壊れました」
身体作り→身体イメージの向上→絵画への影響
だと私は思い込んでいましたが。
しかし、絵画→身体イメージの向上→身体コントロールへの影響
の回路もあることを学びました。

 

この幼稚園さんでは段階的に顔を書くための指導をされています。
・顔を四等分にしてこの辺りには…
・自分の顔を鏡でみて
など段階的により細かく具体的に、鏡も使って

顔を描くことで身体のイメージも上がり、
結果として身体をコントロールする力も

高まっているのだと推測しました。

 

先日、参加した【神の手】をもつ理学療法士 金子 断行先生の

セミナーの中でも、発達の過程の中で「中心から末端」が

ポピュラーであるが、「末端から中心」を育てる方法も

目の当たりにしました。


https://www.kokuchpro.com/event/jissenken201812/

 

もちろん一般的な発達の流れを押さえることは大切ですが
そこにとらわれすぎてしまうと子ども達に

無理をさせてしまうかもしれません。

「思い込みを壊す」
子ども達のためにもこの考えは必要ですね(^^♪

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【必見!!】脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はこちら
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。